【泌尿器科の医師が解説】包茎の矯正テープ・絆創膏は効果ナシ!リスクもあるので注意!

包茎 テープアイキャッチ画像

『包茎を治したいけど、絆創膏やテープで固定すれば改善するって本当?』、『どのくらい続ければいいんだろう』、『どんなテープが一番良いの?』と色々と不安にもなりますよね。

結論から言うと包茎はテープや絆創膏では治りませんしリスクもありますのでお薦めできません

ではなぜ、効果がなく、どの様なリスクがあるのでしょうか。
本記事では、日本泌尿器科学会認定の専門医である筆者『包茎に対するテープや絆創膏での治療』について
・どの様な治療なのか
・効果が無いというのはなぜなのか
・どの様なリスクがどれくらいあるのか
・では包茎を治すのにお薦めの治療法は何なのか
など医学的根拠に基づいて、誰にでも分かりやすく説明致します。

是非、参考にされて下さい!

1. 包茎の矯正テープ・絆創膏とは

包茎の矯正テープ・絆創膏はご想像の通り、包茎の方が包皮(ペニスの皮)を剥いた状態を保つ為にテープや絆創膏で固定するというものです。この固定を毎日継続することで包茎の改善を期待して行います。

通常のテープを使う方もいらっしゃいますし絆創膏や医療用テープ、そしてなかにはアイプチ(目の一重の方が二重を作るノリ)を使用する方もいらっしゃいます。

2. テープ・絆創膏・アイプチは全て効果ナシ!

包茎の原因は包皮の余りです。ですので、包茎を治そうと思ったらその包皮の余りを除去する以外に方法は有りません。もちろん、テープ・絆創膏・アイプチでは余った包皮を除去することは出来ませんので包茎は改善しません

それだけではなく、下記の様に包茎が悪化するリスクもあるので注意が必要です。

3. 包茎悪化のリスクも

上記の様にテープ・絆創膏・アイプチでは包茎を治すことは出来ません。また、逆に『包茎悪化』という最悪の事態にもなりかねません。考えられるリスクをご紹介します。

3-1 包茎悪化のリスク

ペニスは普段、勃起だけでなく温度など環境の変化でも多少伸び縮みしています。その伸縮に合わせ、包皮も伸び縮みしていますが包皮をテープ・絆創膏・アイプチで固定する事で、包皮の伸縮性が失われます。そうすると包皮に無理な力がかかり、これが長期間継続すると包皮が伸びてしまいます。

上記の様に包茎は包皮の余りが原因ですので、包皮が伸びてしまうという事は、包茎の悪化を意味します。包茎を改善しようとした結果、包茎の悪化という最悪の結果を招くことにもなりかねませんので絶対にやめましょう!

3-2 テープかぶれ(接触性皮膚炎)のリスク

テープ・絆創膏・アイプチによるテープ負け、テープかぶれが起きることがあります。専門用語では接触性皮膚炎を言って皮膚が荒れるのです。しかも包茎を治そうと思ってテープ・絆創膏・アイプチを使用している方は毎日の事なのでリスクが高くなります。

またテープや絆創膏、アイプチのノリを剥がすときに包皮の表面の皮膚が一緒に剥がれてしまう可能性もあります。専門用語では表皮剥離といってとても痛いです。包皮は伸び縮みをする為に非常に柔らかくデリケートなんです。

3-3 ペニスが壊死(腐る)リスク

テープや絆創膏をとてもキツく貼る方がいらっしゃいます。そうすると血管やリンパの流れが遮断されるので、そのまま放っておくとペニスの先端側が壊死と言って腐る可能性が有ります。もしそうなった場合は腐った部分は切断しなければいけませんので注意が必要です。

4. 包茎は手術がお薦め

いかがでしたでしょうか。包茎手術をテープで矯正するのはとても困難ですし、合併症もありリスクが高いのでお勧めできません。他にもサプリや自力、プログラム、リングなどのグッズでの包茎の矯正も効果がないばかりか、それぞれリスクが有りますので絶対に避けましょう

基本的に15歳を過ぎても包茎の方は治療が必要ですし、手術がお薦めです。手術と聞くと『怖いなあ』と思われる方も多いかもしれませんが30分〜1時間程度で終わる簡単な手術ですし、実際に年間約10万人の方が手術を受けています。その様な方の中には包茎をテープや絆創膏で矯正しようとしていた方が諦めて、手術を受ける方も多くいらっしゃいます。

是非、初めから手術を選択されることをお薦めします。

【泌尿器科の専門医が解説】包茎で手術は必要?放置する11のリスクと手術のメリット

5. まずは泌尿器科の専門医を受診しましょう

包茎は、悩んだとしても、家族はもちろん友達にもなかなか相談しにくいデリケートな問題です。また、そんな男性の悩みに漬け込んだ包茎治療の(包茎改善グッズやトレーニングプログラムを販売する)悪徳業者や(高額請求や不誠実な治療を行う)悪徳クリニックが多く存在します。

カズ博多クリニック

福岡にあるカズ博多クリニックはそういった包茎治療を含めた男性器治療業界を変えたい!という思いから、日本泌尿器科学会認定の専門医である院長が開院したプライベートクリニックです。

泌尿器科医、形成外科医として手術歴10年以上、男性器の施術は5000例以上の経験を持つ院長が包茎手術を担当しています。『ツートンカラーや手術後の腫れを最小限で抑え、手術後、早期に自然な仕上がりを実現できる』亀頭下環状切開法で手術を行なっています。また泌尿器科専門医による男性器クリニックは国内唯一です。

通常の泌尿器科とは違い、スタッフも全て男性ですので、迷われてる方も是非一度お気軽にご相談下さい。必ず適切なご提案ができるかと思います。

男性器