ペニス・亀頭のぶつぶつ

日本泌尿器科学会認定の専門医によるぶつぶつ治療

日本泌尿器科学会認定の専門医である院長は数多くの男性器治療を行なって参りました。カズ博多クリニックでは、院長の在籍しておりました聖路加国際病院・京都大学附属病院にて行われている治療法を基本とし、そこに形成外科医としての美容面に配慮した安全で質の高い治療を提供いたします。

ぶつぶつ治療に関する説明図

【ぶつぶつ治療】当院の特徴

 

POINT

当院では安全で質の高いぶつぶつ治療を提供致します

手術費用:30,000〜100,000円
(再発時保証付き・包茎との同時手術で半額)

※表示の料金価格は全て税別価格となっております。
※料金はぶつぶつの範囲、大きさで決めさせて頂きます。

 

しかし、『処置』である以上リスクはゼロでは有りません。以下の事をご了承下さい。また処置後にトラブルが起きた場合には最後まで責任を持って対応致します。もちろん無料です。

■傷口の感染:頻度は多くありません(200〜300人に1人程度)が、傷が感染する方がいらっしゃいます。その時には抗生物質を投与します。

■傷跡:私は形成外科医でもありますので傷跡が最小限で済む様に配慮致しますしこの処置の場合、どこを処置したかわからなくなります。しかし、中には傷跡が軽度残ってしまう方も稀にいらっしゃいます。

国内唯一の日本泌尿器科学会認定の専門医による男性器クリニック説明画像

■ 泌尿器科専門医は外科専門医などと比べ、医師の数が圧倒的に少ない上に、『男性器専門』では開業しません。その様な背景を利用し、男性の悩みに漬け込んだ悪徳男性器・美容クリニックで『ペニス・亀頭のぶつぶつ治療』を行い被害に遭った方を多く治療して参りました。

■ 当院はその様なクリニックのアンチテーゼとなるべく開院したクリニックです。ペニス・亀頭のぶつぶつ治療には絶対の自信を持っております。ぜひ当院での治療をご検討下さい

 

治療の対象となるぶつぶつ画像

診療項目尖圭コンジローマ説明画像
尖圭コンジローマ画像
診療項目尖圭コンジローマ説明画像

診療項目PPP説明画像
PPP説明画像
診療項目PPP説明画像

診療項目フォアダイス説明画像

フォアダイス説明画像
診療項目フォアダイス説明画像

診療項目包皮腺説明画像
包皮腺(タイソン腺)説明画像
85

治療を受ける場合の実際の流れ

では、どの様な流れで予約、受診、治療と進んでいくのか、ご説明致します。

STEP1: お問い合わせ・受診予約

お問い合わせ画像

初めて受診される方は予約申し込みフォームにてご予約ください。この際に備考欄に疑問点、不安なことを記載いただければ院長が直接お答え致します。ご予約後、当院から確認のメールを送らせて頂きます。

STEP2: 受診・問診

問診票

ご予約頂いた日時に、ご来院下さい。スタッフがお部屋(個室)にご案内し、問診票にご記入頂きます。

STEP3: 医師(院長)による診察

包茎治療アイキャッチ画像

問診のご記入が終わりましたらスタッフがご案内いたしますので医師(院長)の診察をお受け頂きます。診察の上、どのような状態か、そして患者様に合った適切な治療法をご提案いたします。何か気になる点がございましたら、何でもお気軽にご相談下さい。

STEP4からは当日治療を希望される方の場合です
後日治療をご希望の方は治療の予約をお取り頂きご帰宅頂きますし、ご帰宅してよく考えて頂き治療の予約をお取り頂いても構いません。なお、場合によっては当日治療が困難である事もございますので、当日治療希望であれば事前のお問い合わせで言って(記載)頂ければ幸いです。

STEP4:お会計

会計画像

医師(院長)による治療法にご納得頂けましたら、お会計頂き治療に進んで頂きます。

STEP5:消毒・麻酔・治療

診察台画像

手術代に横になって頂き消毒が終わったら局所麻酔、治療と進めて参ります。局所麻酔は1分と掛かりませんのでご安心ください。

POINT

静脈麻酔で眠った状態で麻酔の注射、治療を終える事も可能です

静脈麻酔代:50,000円
(局所麻酔代は手術費用に含まれます)

※表示の料金価格は全て税別価格となっております。

治療中は局所麻酔が効いていますので痛みを感じることは有りません。しかし麻酔の注射が怖い、治療中意識があるのが嫌だという方の為に静脈麻酔を使用し眠った状態で麻酔の注射、治療を終える事が可能です。つまり気づいたら手術が始まって終わっていたという事が可能ですので、ご検討下さい。

■静脈麻酔を使用する場合の流れ
治療前の準備が終了したら静脈麻酔使用の場合、点滴から麻酔し眠って頂きます。眠って頂いたのを確認し局所麻酔、治療と進めて参ります。治療が終わりましたら、麻酔を終了し目覚めて頂きます。

STEP7:リカバリー・ご帰宅

治療が終わっても、静脈麻酔を使用していると直後は麻酔でボーッとしますので、しっかりと目が醒めるまで(長い方でも30分程度)休んで頂きご帰宅頂きます。

STEP8: 術後ケア

治療終了時に巻いた包帯を翌日に外して頂きます。消毒は必要ありません。治療後翌日からシャワーもOKですので軽く洗浄して頂きます。また治療後のケアに関しては治療時に詳しくご説明します。

 

ぶつぶつ治療に関してよく頂くご質問

以下はぶつぶつ治療をご検討の方からよく頂くご質問です。是非参考にされて下さい。

自分が治療が必要なぶつぶつか分かりません。

是非一度、専門医の診察を受けて頂くことをお勧めします。

 

ペニスや亀頭のぶつぶつの見た目や症状は、他に可能性のある性病との見極めが少し難しいため必ず専門医を受診して自分が良性のぶつぶつなのか、それとも性病など他の病気なのかを正しく見極めてもらうことが重要です。

 

また性病でなくても症状や性病に間違われやすいといった理由から、治療は可能です。是非お気軽にご相談下さい。

治療中の痛みが不安です。

麻酔の効果で手術中痛みを感じる事はありません。また心配な方は麻酔の痛みも感じない様にすることが可能です。

麻酔がしっかりと効いていますので治療中痛みを感じる事はありません。また麻酔が怖いという方の為に、当院では静脈麻酔で完全に寝て頂いた後に麻酔の注射を打ちますので気付いた時には麻酔が効いている、治療が終わっているといったことが可能です。

手術の後の痛みはどうですか?

どうしても痛みが1〜2日間は続きます。痛み止めをお渡ししますが、痛みが軽度ですので使用されない方も多くいらっしゃいます。痛みは次第に軽くなっていきますので心配要りません。日常生活は十分可能です。

すごく恥ずかしいです。

当院は全スタッフ男性のプライベートクリニックですのでご安心下さい

包茎治療を含めた男性器治療はとてもデリケートな問題です。ですので、比較的安価でも入院の必要性、他の患者さん、女性看護師も多い為、実際に病院の泌尿器科、一般の泌尿器科クリニックで手術を受ける方は非常に少ないのが現状です。

 

私は泌尿器科医として数万人の男性器を診察してきました。必ず患者様に合った適切な提案ができると思いますし、当院では通常の泌尿器科とは違い、スタッフも全て男性ですのでお気軽にご相談下さい。また完全プライベートクリニックですので、患者様は院内に原則お一人です。他のお客様と会うことはございませんのでご安心下さい。

費用は治療中状況を見て増額することはありますか?

当院では有り得ません

美容クリニック、包茎クリニックの中には治療中に『〇〇だからこの処置が必要になります。◯万円プラスになるけどいいよね?』と聞かれ治療代金が増額しているクリニックが存在します。もちろん当院ではその様な事は行っていませんが、手術中にそんなことを聞かれたら拒否できる人はいません。

同じ医師として許せません。

他のクリニックで治療してすごく変な形になってしまいました。治せるでしょうか?

診察してみないと100%とは言えませんが、ご相談下さい。

私は美容クリニック、包茎クリニックで男性器の治療を行い、悲惨な結果となった患者さんの数多く診てきました。デリケートな問題だけに、なかなか相談できずに、受診まで数年かかった患者さんも少なくありません。是非ご相談下さい。

治療の後いつから仕事できますか?

当日から可能です

上記の通り手術後の痛みは軽度です。仕事の合間に治療される方も多くいらっしゃいます。

治療の後、制限は有りますか?

治療後の日常生活には大きな影響は有りません。

上記の通り仕事の合間に手術し、何事も無かったかのように仕事に戻られる方も多くいらっしゃいます。しかし飲酒(1日間禁止)、シャワー(1日間禁止)、入浴(3日間禁止)、マスターベーション(1週間禁止)、セックス(1週間禁止)は術後しばらく控えて頂きます。

再発しますか?

尖圭コンジローマは4人に1人のかたが再発します。3ヵ月以内の再発が多いので、治療後3ヵ月程度経過してから再発していなければ完治と考えて下さい。

 

その他のぶつぶつも再発する事があります。真珠様陰茎小丘疹と包皮腺(タイソン腺)は包茎が再発の原因にもなりますので一緒に治療をご検討して下さい。

男性器