【泌尿器科の専門医が解説】包茎手術の傷跡(ツートンカラーやケロイド)について

包茎手術 傷跡アイキャッチ画像

『包茎手術をするつもりだけど、傷跡ってどうなんだろう?』
『ツートンカラーになってしまうのかな?』
『手術したことがバレないかな?』

こんなふうに心配に思う方も多いのではないでしょうか。結論から言うと、包茎手術の傷跡は手術方法次第です。

そこで本記事では泌尿器科学会認定の専門医である筆者が包茎手術の傷跡に関して実際の症例写真を交えてご紹介します。ぜひ参考にされて下さい。

1. 包茎手術に関する一般的な傷跡

包茎手術では下記のイラストの様に包茎の原因である包皮の狭い部分を含めて余っている包皮を切除します。その際には性感に必要な部分はしっかり残した上で包皮小帯も温存します。(亀頭直下方ではこの部分が切除されてしまいます)そして、切除した包皮を1周帯状に切り取り残った包皮を縫合します。

結果的に傷跡はイラストの点線の様になりますが。ほとんどの方が術後しばらくすれば分からなくなります

 

包茎手術の一般的な傷跡説明画像

しかし、包茎手術で傷跡が問題になる事がしばしば有ります。その多くが悪徳クリニックで男性器の手術に不慣れな医師による手術によるものです。次章で詳しく解説します。

2. 包茎手術で問題になる傷跡

包茎手術に関する傷跡でご相談が多いのは①ツートンカラー、②ケロイドです。本章ではそれぞれについて実際に他院で治療され、傷跡に困ってご来院された方の症例写真を交え解説します。

2-1 ツートンカラー

ツートンカラーは包茎手術において患者様が最も気にするところです。このツートンカラーになりやすい手術法が亀頭直下法と環状切開法です。リスクの高い亀頭直下法から解説します。

ツートンカラーのリスクが高い方法①:亀頭直下法

亀頭直下埋没法ツートンカラー説明イラスト

男性器の写真注意喚起画像

亀頭直下法では亀頭のすぐ下で切開する為、イラストの様に亀頭とのツートンカラーになりやすいです。写真は実際に大手包茎美容クリニックで亀頭直下法を行なった方(掲載のご了承を頂いています)の写真です。

包皮小帯も無くなってしまいます
上のイラストの様に亀頭直下法では包皮小帯も消失します。性感も落ちますし、包皮小帯が無くなってしまい、のっぺりと平坦になってしまうので『再生して欲しい』というご依頼が多くあります。『再生』は出来ませんが『再形成』は可能です。しかし初めから失わないのが1番ですので亀頭直下法は避けましょう。

なお亀頭直下法は、この他にもリスクが多く泌尿器科の専門医として全くお薦めできません。詳しくは下記記事に記載していますので参考にされて下さい。

【泌尿器科の専門医が解説】絶対NG!包茎手術で亀頭直下法を避けるべき5つの理由

ツートンカラーのリスクが高い方法②:環状切開法

真性包茎の環状切開でツートンカラーになるリスク

環状切開法はどの病院の泌尿器科でも行われている手術方法ですが、機能面(排尿や性行為で困らない様に)を重視しての手術方法ですので、美容面(見た目)にはこだわりの無い手術になります。本手術法では包皮の狭いところを切り取ることで、いつも包皮の中に隠れている肌色の部分と、もともと外部に接して茶色に色素沈着している包皮を縫い合わせることで茶色と肌色の濃淡がはっきりしてしまい『ツートンカラー』になってしまいます。

ツートンカラーを最小限に抑えるには
ツートンカラーを最小限に抑えるには『亀頭下環状切開法』がお薦めです。この手術法は環状切開を改良した方法で、ツートンカラーや手術後の腫れを最小限で抑え、手術後、早期に自然な仕上がりを実現できる』、当院オリジナルの方法です
亀頭下環状切開法

2-2 ケロイド

続いてはケロイドです。ケロイドは亀頭直下法で発生しやすい傷跡で2種類のケロイドが有ります。ここでも実際に大手包茎クリニックで亀頭直下埋没法にて手術を行なった方(掲載のご許可を頂いています)の症例写真を混じえて解説致します。

ケロイド①:亀頭直下は皮膚が伸び無いからケロイドになる

包皮(ペニスの皮)は伸びますが、亀頭直下の皮膚は皮下組織が有りませんので伸びません。ですので手術後、勃起する毎に無理な力がかかり、写真の様なケロイドになってしまいます

男性器の写真注意喚起画像

ケロイド②:亀頭直下では包皮の長さの違いがあるからケロイドになる

亀頭直下法ではイラストの様に赤い線青い線で包皮を切って縫い合わせるのですが、赤い線の方が長い為に綺麗に縫合したつもりでも写真の様なケロイドが出来上がってしまいます

亀頭直下法によるケロイド説明図

他にはバックカット(陰茎根部切開)法でもケロイドは起こりえます。詳しくは下記記事の『バックカット(陰茎根部切開)法』についてをご覧下さい。

【泌尿器科の専門医が徹底解説】包茎手術・全8種類の手術方法

3. 修正は可能ですが治療可能な医療機関は少数

当院では、上記の様な傷跡を修正してほしいというご依頼を多く頂いております。実はこの様な傷跡になっても元々手術を行なった『美容・包茎クリニック』では『こんなものだ』、『治せません』と言われる事がほとんどの様です。

修正は可能です。しかし、包茎手術に関する傷跡修正には機能面(排尿や性機能)と美容面の両面の配慮が必要で、きちんと修正できる医療機関は非常に限られています

通常の泌尿器科では受け付けておらず、保険適応は難しいでしょう。

【実際の修正方法】

上記の様に当院には他院での包茎手術後の修正術のご依頼が多く有ります。その際には患者様の状況に応じて様々な方法を使い分けていますが、大きくは下記の2つです。

切除による修正

ツートンカラーやケロイドになっている部分を切除してしまう方法で、修正術の中では一般的な方法です。しかし包茎手術ではすでに余剰の包皮が切除されている為に、更に切除することが困難なケースも多く有ります。

電気焼灼術による修正

高周波電気メスで処置し、特殊な軟膏を塗り込むことで皮膚の再生を促す方法です。この方法であれば包茎手術で包皮に余りが無い方でも修正する事が出来ます。

4. 傷跡を最小限に抑える or 傷跡が気になる方はカズ博多クリニックへ

包茎手術を含めた男性器治療ではコンプレックスに漬け込んだ悪徳クリニックが多く存在します。また、この様な包茎・美容クリニックの多くで『亀頭直下法』を行なっています。

なぜなら傷跡が残りにくい(彼ら曰く)特殊な手術=高額請求が可能と考えているからです。しかし亀頭直下法が傷跡が残りにくい』というのは机上の空論であることは本記事をお読み頂ければお分り頂けたかと存じます

カズ博多クリニック

福岡のカズ博多クリニックはこの様な男性器治療業界の現状を変えたいという思いを持って日本泌尿器科学会認定の専門医の資格を持つ院長が立ち上げたクリニックです。

手術歴10年以上、男性器の手術を5000例以上行なってきた院長が包茎手術を担当します。当院ではツートンカラーや手術後の腫れを最小限で抑え、手術後、早期に自然な仕上がりを実現できる亀頭下環状切開法』にて手術を行なっています。

また国内唯一の泌尿器科専門医による男性器のプライベートクリニックです。通常の泌尿器科と異なりスタッフも全員男性ですし他の患者様と会うこともございません。ぜひお気軽にご相談下さい。

男性器