手術を受ける場合の実際の流れ画像

ここではどの様な流れで予約、受診、手術と進んでいくのか、ご説明致します。

STEP1: お問い合わせ・受診予約

お問い合わせ画像

初めて受診される方は予約申し込みフォームにてご予約ください。この際に備考欄に疑問点、不安なことを記載いただければ院長が直接お答え致します。ご予約後、当院から確認のメールを送らせて頂きます。

STEP2: 受診・問診

問診票

ご予約頂いた日時に、ご来院下さい。スタッフがお部屋(個室)にご案内し、問診票にご記入頂きます。

STEP3: 医師(院長)による診察

包茎治療アイキャッチ画像

問診のご記入が終わりましたらスタッフがご案内いたしますので医師(院長)の診察をお受け頂きます。診察の上、どのような状態か、そして患者様に合った適切な治療法をご提案いたします。何か気になる点がございましたら、何でもお気軽にご相談下さい。

STEP4からは当日治療を希望される方の場合です
後日治療をご希望の方は治療の予約をお取り頂きご帰宅頂きますし、ご帰宅してよく考えて頂き治療の予約をお取り頂いても構いません。なお、場合によっては当日治療が困難である事もございますので、当日治療希望であれば事前のお問い合わせで言って(記載)頂ければ幸いです

STEP4:お会計

会計画像

医師(院長)による治療法にご納得頂けましたら、お会計頂き治療に進んで頂きます。

STEP5:消毒・麻酔・手術

診察台画像

手術台に横になって頂き消毒が終わったら局所麻酔、手術と進めて参ります。局所麻酔は1分と掛かりませんのでご安心ください。

POINT

静脈麻酔で眠った状態で麻酔の注射、手術を終える事も可能です

静脈麻酔代:50,000円
(局所麻酔代は手術費用に含まれます。)

※表示の料金価格は全て税別価格となっております。

手術中は局所麻酔が効いていますので痛みを感じることは有りません。しかし麻酔の注射が怖い、手術中意識があるのが嫌だという方の為に静脈麻酔を使用し眠った状態で麻酔の注射、手術を終える事が可能です。つまり気づいたら手術が始まって終わっていたという事が可能ですので、ご検討下さい。

■静脈麻酔を使用する場合の流れ
手術前の準備が終了したら静脈麻酔使用の場合、点滴から麻酔し眠って頂きます。眠って頂いたのを確認し局所麻酔、手術と進めて参ります。手術が終わりましたら、麻酔を終了し目覚めて頂きます。

STEP7:リカバリー・ご帰宅

手術が終わっても、静脈麻酔を使用していると直後は麻酔でボーッとしますので、しっかりと目が醒めるまで(長い方でも30分程度)休んで頂きご帰宅頂きます。

STEP8: 術後ケア

手術終了時に巻いた包帯を翌々日に交換頂きます。消毒は必要ありません。術後3日目からシャワーもOKですので軽く洗浄して頂き、1週間後には包帯を外して頂きます。手術の糸は自然と脱落しますのでご安心ください。また手術後のケアに関しては手術時に詳しくご説明します。

【手術後のアフターフォローについて】

術後、ご心配な事があれば電話やLINEにて院長が直接お答えします。もちろんご来院されても構いません。また手術後にトラブルが起きた場合(可能性はかなり低いですが)には責任を持って対処致します。もちろん無料です。

学会認定の専門医がお悩みに合わせて診療致します