【泌尿器科の専門医が解説】真珠様陰茎小丘疹とは?リスク・原因・症状と治療法

真珠様陰茎小丘疹 アイキャッチ画像

真珠様陰茎小丘疹、亀頭のぶつぶつについて調べて行き着いた言葉』、『だけど名前も長いし、病気なのか、放って置いていいのか、治療するとしたらどこでやってて、費用や痛みはどうなのか』

分からないことだらけですよね?

結論から言うと真珠様陰茎小丘疹(pearly penile papules)は亀頭冠(いわゆるカリ)にできるブツブツで性病ではありません。しかし見た目が性病と良く似ている為にご自身やパートナの印象は悪く治療を希望される方が多くいらっしゃいます。

そこで本記事では泌尿器科の専門医の筆者が真珠様陰茎小丘疹に関する
・見た目の特徴(画像付き)
・原因
・症状
・治療方法(費用や痛み)
について分かりやすく説明します。

1. 真珠様陰茎小丘疹とは

真珠様陰茎小丘疹(PPP)は亀頭の亀頭冠(カリ)にできる大きさの均一なブツブツで、その正体は脂肪です。簡単に言えば毛穴の皮脂(皮膚の汚れやあぶら)、ニキビに近いものです。うっすらと白いので真珠様と名前がつけられました。

1-1 見た目の特徴、性病との見分け方

この真珠様陰茎小丘疹の特徴としては亀頭冠(いわゆるカリ)に大きさの揃ったぶつぶつが並んでいるのが特徴です。

真珠様陰茎小丘疹画像

【性病(尖形コンジローマ)の場合】

性病(尖形コンジローマ)だとぶつぶつのサイズもバラバラで、鳥のトサカやカリフラワーの形に似ています。そういったぶつぶつは尖圭コンジローマである可能性が高くなります。尖圭コンジローマに関して下記記事に記載していますので参考にされて下さい。

【泌尿器科の専門医が徹底解説】亀頭のぶつぶつは性病?特徴と性病との見分け方

 1-2 原因

この真珠様陰茎小丘疹(PPP)、原因は包茎である事が多いです。包茎は包皮(ペニスの皮)との間に汚れや脂(あぶら)が溜まりやすい為です。実際に包茎手術を行なった方は目立ちにくくなります。

 1-3 症状

真珠様陰茎小丘疹(PPP)に症状は匂いです。皮脂を分泌するのでペニス特有の匂いを発生します

1-4 放って置いた時のリスク

放置しているとブツブツが少しずつ増えていくのと、見た目が尖圭コンジローマに似ており、女性からも「性感染症では…」と勘違いされることもあります。

2. 治療

真珠様陰茎小丘疹は性病ではなくても、ご自身やパートナーからの印象も悪く治療を希望される方が多くいらっしゃいます。本章では治療方法やその費用、痛みなどに関して詳しく説明します。

2-1 治療は数分で除去可能

真珠様陰茎小丘疹(PPP)は電気メスによる焼灼で、数分で治療可能です。

2-2 費用と保険適応について

この治療は病気ではありませんので保険が効きません。

治療費用は病院、クリニックによって違いますが、様々クリニックのホームページを見ると3〜60万程度とかなり幅があります。ブツブツの範囲、大きさ、個数、保証などで金額が決まる様ですが60万円はあまりにもボッタクリです。

大手包茎クリニックの中にも、患者様のコンプレックスに漬け込み、この様な不当な高額請求を行うところがございますので注意しましょう!

2-3 痛み

処置前の麻酔がしっかりと効いていますので処置中に痛みを感じる事は有りません。

また処置前の麻酔は注射薬なので注射する時に痛みが出ます。『この麻酔の痛みを避けたい』、『処置中寝ておきたい』という方は静脈麻酔を使用する事で完全に寝て頂いた後に麻酔の注射を打ちますので気付いた時には麻酔が効いている、手術が終わっているといったことが可能です。

処置後は数日間、軽い痛みを伴いますが痛み止めで日常生活は十分可能です。

2-4 再診について

抜糸などもありませんので再診の必要はありません

2-5 未成年の場合

未成年の方は親権者の方の同意が必要で一緒に来院頂き同意書にサインしていただく必要があります。

3. 再発と予防方法

上記の通り、包茎が原因となりますので、せっかく治療をしても包茎である限り再発してしまいます再発を予防するためにも真珠様陰茎小丘疹(PPP)のブツブツ治療と同時に包茎治療をお勧めします。

包茎の治療に関しては下記記事に詳しく記載していますので参考にされて下さい。

【泌尿器科の専門医が包茎治療を徹底解説】〜必要性・方法・費用・リスク・体験談・よくあるQ&A〜

4. 真珠様陰茎小丘疹は泌尿器科専門医へ

真珠様陰茎小丘疹は性病では有りませんが、コンプレックスに感じ治療を受ける方が多くいらっしゃいます。しかし国内では真珠様陰茎小丘疹を含めた男性器治療でその様なコンプレックスに漬け込み高額請求を行うクリニックが多く存在します。その様なクリニックの多くが医師ではなく企業による経営です。

福岡のカズ博多クリニック(以下当院)はその様なクリニックのアンチテーゼとなるべく開院したクリニックです。日本泌尿器科学会認定の専門医であり真珠様陰茎小丘疹の治療を含めた男性器の手術歴10年以上、症例数も5000件を超える院長が治療を担当します。また当院は泌尿器科専門医による国内唯一の男性器クリニックです。

通常の泌尿器科と異なりスタッフも全員男性ですので、お気軽にご相談下さい。

男性器