【泌尿器科の専門医が徹底解説】パイプカットの費用相場はいくら?

パイプカット 費用アイキャッチ画像

「パイプカットしたいけど費用ってどのくらいかかるんだろう」
「保険は効くのかな」
「費用が安いと手術の内容も雑なのかな」

そんな不安はありませんか?

結論から言うと、パイプカットの総額費用の相場は約1530万円で、病気ではないので保険は効きません。
そして残念ながら手術内容、金額面で不誠実なクリニックも多く存在します。

パイプカットでの不適切な手術内容は、合併症のみならず、望まない妊娠を引き起こすことになる為、費用面だけでクリニック選びをするのは非常に危険です。

そこで本記事では、日本泌尿器科学会認定の専門医として数多くのパイプカットを執刀してきた筆者が

  • パイプカットの手術費用相場
  • 手術以外にかかる費用、支払方法、費用を安く抑えるコツ

そして

どんなクリニック、医師を選べばいいのか』をどこよりも詳しく、正しい情報をお届けします。
是非参考にして下さい!

1. パイプカットの総額費用

パイプカットは精子の通り道である精管を切断する手術で、男性にとって最も確実な避妊法です。元々は男性器を専門としている泌尿器科医が手術を行っていましたが、近年美容外科クリニック、男性器クリニックでも手術を行う先生が増えてきました。

パイプカットの総額費用の相場は15万円〜30万円です。

内訳は

  • 手術費用
  • 手術以外の費用(診察・入院・麻酔・お薬・手術後の精子検査の費用など)

があります。では詳しく見ていきましょう。

1-1 手術の費用

パイプカットの総額費用の相場は15万円〜30万円で平均は19.9万円です。(google検索にて上位表示される全国パイプカット大手4院と当院の平均)病気ではないので残念ながら保険は効きません。

しかし女性が避妊薬(ピル)を毎月飲むことを考えると約4000/月×12ヶ月=約5万円/年間程度必要ですので、安定したカップルでもう子供は要らないといった方にはオススメかもしれません。

とはいえ、下の表(こちらも上記4院と当院を比較)を見て頂いてもお分かりのように手術費用にはクリニックや病院によって幅が有ります。なぜその様な幅があるのか、詳しく見ていきましょう!

パイプカット費用比較表

理由①:手術以外の費用

男性専門クリニックCは手術費用が少し安めの設定ですが麻酔費用が8万円と高額です。また大学病院では診察費、検査費用、入院費用が別途必要です。手術を検討する際には手術費用だけでなく、それ以外にかかってくる費用が無いのかチェックしましょう!

理由②:手術内容(精管の処理方法)

パイプカットにて精管は切断し、焼いて、折り畳んだとしても、稀に精子が漏れ出して精管が『再開通』する事があります。そうすると望まない妊娠に繋がってしまうリスクが高くなってしまうので、最後に『切断した精管の端を別々の空間に置くこと』がとても大切になります。クリニックBDではその処理が行われていません

こうした処理を省く事で、手術時間の短縮につながりますので人件費、麻酔のお薬の量など抑える事ができ、手術費用を安くする事が可能です。

理由③:受診すると医師ではなくカウンセラーに相談させる

これは美容クリニック・男性器クリニックでよく見られるケースで、受診すると医師ではなくカウンセラーと呼ばれる男性(医療の資格などを持たない一般事務員)が手術方法など説明して、医師は2-3分程度の診察というものです。

医師に比べカウンセラーは人件費が安く済む為、カウンセラーに対応させる事で手術費用を抑える事ができます。

パイプカットは上記の様に切断した精管をどの様に扱うかなど、細かいところで結果に差が出る手術です。手術を担当してくれる医師にしっかりと相談し、後悔のない手術を受けましょう。

理由④:スタッフ・患者の性別を男性に制限する事でのプライバシーへの配慮

パイプカットはデリケートな問題でもありクリニックCと当院の様に『男性専用のクリニック』や『スタッフも全て男性』とかなり配慮しているクリニックも存在します。またパイプカットは1度手術してしまうと元に戻す事が非常に困難な手術ですので、プライベートクリニックで時間をかけて患者さんと向き合うべきであるとの見解です。

しかし患者を男性だけに特化したり、プライベートクリニックにすると患者さんの数はグッと減ってしまいます。そうでないクリニックは多くの患者さんを診る事が出来る為、一人当たりの料金を安く設定できます。

 

いかがでしたでしょうか。手術費用にはクリニックによって幅がありますが、手術料金なりの理由が垣間見えました。では5院に絞らず、一般的にパイプカット手術で手術費用以外にどの様な料金が発生しうるかなど、詳しく見ていきましょう!

1-2 パイプカットの手術費用以外にかかるお金

パイプカット手術では手術費用以外に下記の6つの料金が別途請求される可能性があります。

① カウンセリング費用、初診料、再診料

初回のカウンセリング、診察や再診にかかる費用です。初診料は約5000円、再診費用は2000円程度です。手術費用に含まれることも有ります。

② 精液検査費用

手術の後、精液から精子が消えているか確認する検査の料金です。1〜2回くらいの検査を行いますが検査費用は1回5千〜2万円です。これも手術費用に含まれているクリニックも有ります。

③ 局所麻酔代

手術の際に痛みがない様に麻酔をする料金です。手術代に含まれることが多いですが、クリニックによっては別に請求しているクリニックも存在します。

④ キャンセル費用

手術をキャンセルする際にかかる料金です。2週間前までにキャンセルすると無料であるクリニックは多いですが、前日や当日のキャンセルは手術費用の数十%支払わなければならない場合があります。

⑤ 消費税

診察費や手術費、麻酔代など様々な費用に8%の消費税が加算されます。

⑥トラブル時の診察費、薬代

手術のトラブルが有った時に診察を受ける為の費用です。パイプカットは比較的リスクの低い手術ですのであまりトラブルにはなりませんが、診察費、薬代併せて2000円程度です。当院の様にクリニックによっては保証がある場合などもありますので、手術を受けるクリニックに確認してみて下さい。

2. パイプカット手術の支払方法

支払方法はクリニックによって違いますが、現金、クレジットカード、医療ローンが使えます。ローンを使用する場合は審査がありますので下記の様な書類が必要になります。

◆身分証明書(運転免許・保険証・パスポート等)
◆通帳やキャッシュカード
◆通帳の登録印

なお医療ローンは510%程度の金利(利息)がつきますので、返済プランの計画性を持って利用しましょう。

3. パイプカットの費用を安く抑える方法

パイプカットの費用は決して安くは有りません。できれば安く、お得に手術を受けたいと思っている方は多いのではないかと思います。

クリニックによって以下の様な割引が有ります。ぜひ検討して見てください。

3-1 紹介割

そのクリニックで治療を受けた方の紹介であれば手術費用が割り引かれる制度です。510%程度割引を行っているクリニックを有りますのでチェックしてみましょう

3-2 他の手術とのセット割

パイプカットと同時に、男性器の手術(包茎手術・増大手術・長茎手術)などの手術を行う場合は割引になる制度です。一度で行えば時間もお金も節約になりますので、他の手術もいつかしたいなと思ってる方は検討されてもいいかもしれません。クリニックにもよりますが1020%の割引があります。

4. パイプカットはクリニック、医師で差が出る手術

パイプカットにおいて最も重要なのは医師・クリニック選びです。もちろん費用面も大切ですが『パイプカットは手術内容で結果に差が出る手術だから』です。

パイプカットは文字通り精管という精子の通り道をカットすることです。しかし、そのカットした精管の切れ端の処理を誤ると『再開通』してしまい妊娠してしまうリスクが生じます。

下のイラストをご覧下さい。

パイプカット手術説明

これは当院のパイプカットの方法ですが、精管をカットするだけでなく

電気メスで焼く
■ 端を折り返して結ぶ
■ それぞれの端を別々の空間にいれ
という工夫をしています。

こうすることによって『再開通』を極限まで発生しにくくして望まない妊娠のリスクを下げています。
こういった処理をどこまで細かく丁寧に行うかは医師次第です。

そして傷痕を見ても医師がどの様な処置を行なったかはわかりません!

因みに冒頭でご紹介した5院でこの3つの工夫を全て行なっているのは当院を含め2つだけでした。だから費用面だけで選ぶのではなく医師・クリニック選びは重要なのです。

では具体的にどの様な医師・クリニックを選べば良いのでしょうか。

次章で詳しく見ていきましょう!

5. クリニックを選びで絶対にチェックしておきたい3つの特徴

前章で費用面だけで、手術を行うクリニックは決めるのは危険で有ることを解説しました。本章では具体的にどの様な医師・クリニックを選べば良いのか、詳しく解説致します。

4-2-1 医師が泌尿器科医(可能であれば学会認定の専門医)であること

泌尿器科医は精管を含めた男性器の知識が豊富であるだけでなく、実際精管の手術にも慣れています。筆者も京都大学病院に勤務していた頃、パイプカットだけではなく顕微鏡を使った、より細かい精管の手術を数多く行って参りました。

また泌尿器科、その中でも可能であれば日本泌尿器科学会認定の専門医がオススメです。泌尿器科専門医は手術件数、学会発表、論文発表などの条件を満たした上で試験に合格しなければ与えられない資格であり、一定のレベルが保証される証だからです。

残念ながら美容・男性器専門クリニックはパイプカットに不慣れな科出身の先生も少なくありません。

5-2-2 手術においてカットした精管が戻りにくい工夫を施していること

前章で述べた様にパイプカットは細かな部分で結果に差が出る手術です。カットした精管の端をどの様に工夫し『再開通』、そして望まない妊娠のリスクを下げているのか、ホームページや直接問い合わせて確認しましょう!

5-2-3 手術に関してカウンセラーではなく、じっくり医師と相談できるクリニックである事

美容クリニック・男性器治療のクリニックでは受診すると医師ではなくカウンセラーと呼ばれる方が手術方法など説明して医師は2-3分程度の診察、というケースが多いです。しかし、ほとんどのカウンセラーは医療の資格などを持たない一般事務員です。パイプカットはとても重要な手術です。ぜひ医師、できれば学会認定の専門医に相談できるクリニックを選びましょう!

なお国民生活センターへの相談事例でもこの点に関してはたびたび問題になっています。

6. 迷ったら泌尿器科専門医の男性器クリニックへ

パイプカットは精管をカットするだけであれば難しい手術では有りません。だからこそ、不誠実な手術を行う医師・クリニックが存在するのです。

カズ博多クリニック(以下当院)はパイプカットを含めた男性器治療でこの様なクリニックのアンチテーゼとなるべく開院したクリニックです。『男性器治療の分野での泌尿器科専門医による安全で質の高い医療』をコンセプトに日々診療を続けています。

当院では泌尿器科医、形成外科医として手術歴10年以上、パイプカットを含む男性器の手術は5000例以上の経験を持つ院長が手術を担当しています。本記事でも記載した通り当院では安全で質の高い手術を行なっています。また泌尿器科専門医による男性器のプライベートクリニックは国内唯一です。是非お気軽にご相談下さい。

男性器