【泌尿器科の専門医が徹底解説】長茎術に関する7つの後遺症

長茎術 後遺症アイキャッチ画像

「長茎術、受けてみたいけど後遺症ってあるのかな」
「どんな後遺症なんだろう、回避する方法ってあるのかな」

分からないことが多くて不安ですよね?

残念ながら長茎術には後遺症の発生リスクの高い手術方法も多く存在します。
しかし、医学的に正しい手術方法を選択すれば、後遺症のリスクはグッと抑えられます。

そこで本記事では日本泌尿器科学会認定の専門医である筆者が『代表的な長茎術の後遺症』や『リスクの高い手術方法』そして『後遺症のリスクが低く、効果的な長茎術』など医学的根拠に基づき、わかりやすくご説明します。

ぜひこの記事を読んで次のアクションに役立てください。

.  代表的な長茎術の後遺症を手術方法ごとに紹介します

美容クリニック・男性器クリニックで行われている長茎術には、後遺症が発生してしまうリスクが高いものも多く存在し、注意が必要です。では具体的に、どのような後遺症が出るのでしょうか。

それは『手術方法』によって大きく異なってきますので、本章では手術法毎に起こりうる代表的な後遺症を解説させて頂きます。

長茎術の手術法には『切らない長茎術』と『切る長茎術』がありますので、順に解説致します。
まずは『切らない長茎術』についてです。

1-1『切らない長茎術①』:ペニスの根元にある靭帯(じんたい)を縛る方法

切らない長茎術:靭帯法説明イラスト

一つ目の切らない長茎術はペニスの根元にある靭帯(じんたい)を『むりやり』お腹の皮ふと糸で固定する方法です。靭帯は骨にしっかり固定されていますので動きません。ですので、伸び縮みしやすいお腹の皮膚と固定することでお腹が凹みます。この凹んだ分、ペニスが長く見えるのです。つまり本当はペニスが長くなっているのではなくお腹が凹んだだけです。

切らない長茎術の後遺症: 痛み、違和感』

この手術で起きうる後遺症は『痛み、違和感』です。ペニスは『無理やり』固定されているので、手術後も常に違和感や、痛みを強く感じることが多く、固定を外さない限り、改善する事はありません。

1-2『切らない長茎術②』:脂肪吸引する方法

切らない長茎術 脂肪吸引法

この手術方法はイラストの様にいわゆる『どて』と呼ばれる下腹部の脂肪を吸引する事で、お腹が凹ませます。この凹んだ分、ペニスが長く見えるのです。つまりこの方法も本当はペニスが長くなっているのではなく、お腹が凹んだだけなのです。

 

切らない長茎術②の後遺症 :出血、腸管損傷』

この手術で起きうる後遺症は『出血、腸管損傷』です。

脂肪を吸引する際に周りの血管も傷ついてしまいますのでかなり出血します。またお腹の中の脂肪を吸引しますので腸を傷つけてしまう可能性もあります。そうなってしまうとお腹を切って手術で腸を一部切除しなければいけませんし、最悪の場合、生命を脅かす危険性もあります。

切らない長茎術②の後遺症:『下腹部のボコつき』

これは脂肪吸引全般に言えることですが、人間の手で脂肪を均一に吸引することは困難です。ですので、場所によって脂肪を吸う量に差が出る為、多く吸ったところと少なく吸ったところで、デコボコになってしまう可能性があります。

1-3『切らない長茎術③』:ペニスへの脂肪注入

これは自分の脂肪を太ももやお腹から取ってきて、ペニスに注入するというものです。

切らない長茎術:脂肪注入法

切らない長茎術③の後遺症:肺塞栓症による死のリスク

ペニスは海綿体という血管で構成されています。その血管に脂肪が入れば静脈を通して肺に到達します。肺の血管が詰まれば『肺塞栓』という状態となり呼吸が出来なくなりますので死に至る事もあります実際に、海外ですが30際の男性がこのペニス増大術で帰らぬ人となっています。

切らない長茎術③の後遺症:不自然な見た目』

この手術で起きうるもう1つの後遺症は『不自然な見た目』です。

ペニスにはもともと脂肪は存在しません。ご存知の通り、脂肪は柔らかいものなのでぶよぶよです。普段はまだしも勃起した時にも硬くないブヨブヨのペニスになってしまいます。

またペニスに脂肪を均一に注入することは不可能です。一部に偏ってしまい変な形になったペニスの修正依頼を受けたことがあります。

そしてご本人が太ると注入した脂肪も増加しますのでペニスがよりブヨブヨになってしまいますし、その増加も均一ではないのでとても不自然な見た目になってしまいます。

1-4『切る長茎術』:靭帯(じんたい)を切ってペニスを長くする手術法

切る長茎術説明イラスト

ペニス(海綿体)はイラストの様に骨とつながる靭帯が支えています。この支えを切除しペニスを前方に引っ張ると、体の中に繋がる海綿体が引き出されます。この海綿体が前にズらした状態で海綿体と骨を再度、糸で結ぶという手術です。

この手術で起きうる後遺症は『痛み、違和感』、『勃起不全』です。

 この手術で起きうる後遺症:痛み、違和感

この長茎術は『ペニスを思いっきり前方に引っ張った状況で固定する』というもので、手術後も常にペニスが思いっきり引っ張られている状況を想像してみて下さい。当然違和感や、痛みを強く感じます。残念ながら固定されている限り改善する事はありません。

この手術で起きうる後遺症: 勃起不全

この手術で切ってしまう靭帯は元々ペニスを支えていたものです。つまり切除することでペニスは支えを失い、常によりダランと下垂(タレて)し勃起出来なくなります

.  泌尿器科医がお勧めする長茎術

2-1 後遺症発生リスクを抑え安全にペニスを長くするには手術法の選択が重要

これまでご紹介した手術で後遺症のリスクが高いのは医学的に不自然な、無理がある手術だからです。泌尿器科の専門医としてお勧めできる長茎術は『グランセンサー解除法』です。

この手術法は他の手術方法と違い
① ペニスが大きくなる医学的な仕組みを利用する為、カラダへの負担が少ない
② その方が本来持つ大きさを引き出してあげる為、通常時も勃起時も長くなる
という特徴を持っています。

下記記事に詳しく記載していますので是非参考にしてみて下さい。

【泌尿器科の専門医が解説】ペニスを大きくする方法〜自力・サプリ・器具・手術〜

この手術を国内で行なっているのは当院を含め2院のみです。なぜなら通常、泌尿器科医は病気を治すのが仕事だからです。しかし世の中には誤ったアプローチの長茎術が横行しており、実際に被害にあった方も多くいらっしゃいます。そういった方を増やさない様、もう1院の先生と手術を行なっています。

3. 長茎術は泌尿器科専門医を受診しましょう

ご覧頂いた通り、長茎術ではリスクの高い手術が横行しています。これは医学的にペニスが大きくなる医学的仕組みを理解し、利用した長茎術が施行されていない為です。彼らは男性器治療をビジネスと捉え不誠実な手術と高額請求を平然と行なっています。

福岡にあるカズ博多クリニック(当院)はそういったクリニックのアンチテーゼとなるべく開院したクリニックです。『男性器治療をビジネスではなく医療として安全で質の高い医療を提供する』をコンセプトに日々診療を行なっています。当院では泌尿器科医、形成外科医として手術歴10年以上、男性器の施術は5000例以上の経験を持つ院長が長茎術を担当しています。本記事でも記載した通り当院ではリスクが低く、効果が期待できるグランセンサー解除法で手術を行なっています。

また泌尿器科専門医による男性器クリニックは国内唯一です。通常の泌尿器科とは違い、スタッフも全て男性ですので1人で悩まず、是非お気軽にご相談下さい。

男性器